私服通勤男性はキメすぎない!頑張りすぎが仇になること知ってる?

私服通勤の男性に人気の全身コーデをみてみる

 

 

私服通勤男性はファッションの違いで断然差がついちゃう世界ですね。私服通勤男性の理想のファッションについて思うところは数知れません。そんな中、好みもあると思いますが、私が一番ダサいと思うのは頑張りすぎてる人。毎朝、全身ガチガチのブランドでアクセサリーもしっかり盛っている。ダサいし痛い!こういうタイプの方は大抵自尊心が強く変にギラギラしてます。シャツの胸元開けすぎてたりピチピチのデニム履いてたり…香水もきつい。正直全くファッションに興味の無い男の人より性質が悪いと思うんですよねぇ。ファッション誌って、こういうギラギラした方向けに創られているものが多い気がします。で、そういう方は雑誌をそのまんまコピーして私服通勤男性として満足している様な印象を受けます。そして「俺ってお洒落」ってオーラを出しまくる…。

 

毎日の私服ですから抜け感やゆるさがすごく大事だと思うんですよね。それが大人の余裕につながるから。お洒落な人になりたいなら抜けすぎてるのもゆるすぎるのも問題外ですが、全身いつでもキメキメはもっと痛い。TPOに合わせることも大事ですよね。毎日の私服通勤はカジュアルだけど、ここぞって時にだけ高級ブランドを着こなせるっていうのは逆に素敵だと思います。カジュアルって言っても難しいですけどね…。私が好きなのはワイドパンツにざっくりVネックのニットを合わせる、とか薄手のカーディガンとロゴTの重ね着にワークパンツを合わせる感じです。ゆるいシンプルなコーディネートはシルエットが肝心ですね。足元は定番中の定番、コンバースのハイカットが合わせやすいと思います。コンバースは誰でも持ってるアイテムですが、マーガレットハウエルとのコラボとかだとほかの人と差が付きますよね。ブランドよりも、素材や形を吟味して出勤スタイルに合った自分に似合うお洒落を見つけられること、そしてそれが頑張りすぎていないことことこそが真の30代のお洒落男子だと思うのです!

 

 

頑張りすぎずラフ過ぎない私服コーデをみる